歩きスマホは危険だと身をもって感じた日

歩きスマホは危ないです。私が保証します。
学校であまりに腹が立つ事があって、友達に愚痴のメールを打ちながら階段を降りていました。
母に付いて近所のスーパーに買い物に行っていたときのことです。
最後の一段だと思っていた階段がもう二段もありまして、思い切り階段から落ちてしまいました。
一人では立てず、母に肩を貸してもらって帰宅。
動かさなければ痛くないのでその日は家で寝たのですが、翌日になっても痛みがあるので、接骨院に行きました。
その時の私は何故か、「見た目は腫れてもいないし、骨折していたらもっと痛いはず」と思い込んでいて、軽い気持ちでいました。
診察室に呼ばれ、痛みはあるものの片足を引きずって先生のところへ向かいました。
先生に症状を伝えたところ、「骨折してたら必ず腫れるってわけじゃないよ」と言われ、妊婦さんがお腹の赤ちゃんを見てもらうときに使うようなエコーで足を見てもらいました。
結果、きれいに折れていました。
先生に「よく診察室まで歩いてきたよね」と苦笑いされてしまいました。
後で考えれば、最初に立てなかった時点で気付けよって自分でも思います。
全治3ヶ月との診断を受けました。
嫌なことがある日はとことん嫌な日になるんですねぇ。
結局愚痴メールは送れなかったし、最悪な日になりました。
あれ以来歩きスマホはしていません。もっと詳しく>>>>>こうじ酵素 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です