販売ストップになるほど流行ったナイトアイボーデ

ナイトアイボーデという “寝ている間に二重になれる” というキャッチコピーで一時期大流行したナイトアイボーデですが、なぜ流行ったのか
を生憎私は使ったことがないので友人の体験談も含めて分析していこうと思います。今やガラケーではなく一般にスマホが主流となり普及されている現代では、SNSは当たり前且つ必需品のように出回っています。そして、もうひとつ情報流通の媒体として雑誌
があります。細かく言えばモデルさん が一種の媒体のです。

SNSで代表的なのはTwitterです。InstagramやLINEなどもありますが、スマホ所持者のほとんどはTwitterをやっていると言われているので代表としてここではあげます。そのTwitterという媒体でモデルという媒体が取り上げていたらどうでしょう。二重になれば影響力は大きくなります。モデルという存在は私たちが“憧れの的”
としている存在です。生憎、人は憧れの対象が同性であれば“同じようになりたい” と思い、異性であれば“共有、共感したい”
と思ってしまう生き物ですから影響力はとても大きいのです。

そして、流行したもうひとつの理由として“今までにないカタチ”
があげられるでしょう。私の友人から話を聞いた限りでは、今までは出掛ける前にのりで塗ったりテープで貼ったりして途中でとれたら跡が見えてしまったものが、寝る前に跡をつけるように塗って寝ている間に二重にする、だから朝起きて顔を洗ったら自然な二重ができる
というものでした。

“不自然な跡が残らない” “出掛ける前に時間をとらない”
が新感覚で売れたのでは、と考えられます。これらの理由が販売ストップ、販売が追いつけなくなるほど売れたことへ繋がるのではないでしょうか。PR:ナイトブラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です