高齢者ドライバーによる事故とその現状について

最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースをよく耳にします。事故の詳細を聞いていると、見通しの良い直線道路でセンターラインをはみ出したり、高速道路を逆走したりと普通では考えられないような状況で事故が起きています。あるニュース番組では、高齢になると視野がとても狭くなるという研究結果を紹介していました。他にも、これもよく知られていることですが、運転には不可欠な判断能力や運動能力の低下なども起こるそうです。実際、私も運転をしていて前の車がふらふらしたり急にスピードが遅くなったりして危ないなと思ったことがあります。そのような車をよく見ると、高齢者マークが付いていることが多いです。高齢者ドライバーは、そのような運転をしていても、自分では気がついていないケースもあるようで、とても怖いなと思いました。それならいっそのこと返納してしまえばいいのではないかと思うこともありますが、地方では公共交通機関が整備されていない所も多く、生活するためには車が必要不可欠であるという現状もあります。私の祖父母も来年で80を迎えますが、祖母が病気のため通院や買い物で車は欠かせません。祖父には安全運転をしてほしいと願うばかりです。おすすめサイト⇒https://peraichi.com/landing_pages/view/dreamineyerich

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です